仕事・先輩を知る

間接的にお菓子の品質を左右する裏方業務

プチクマ

システム開発職

2013年入社 Y.Yさん

社内SE(システムエンジニア)として、社内業務の効率化や自動化を行い、作業者の負担を減らすことが業務になります。
ブルボンは製造メーカーとして、開発から営業、デザイン、工場の各部など多様な部門があり、SEの知識はもちろん幅広い見識が必要になります。
お菓子の製造に直接関わりませんが、働きやすい環境を整えることがよい商品を提供し続けることにつながると考えて日々働いています。

自分の力不足もありますが、予算や時間には限りがあるためその中で実現できる範囲でユーザーに満足してもらうことができなかったことが多々あります。

一例として社外でもネットワークがあればパソコンを使える仕組みを導入し、利用の拡大を推進してきました。
環境整備を優先して、多少無理をして設計以上にユーザーを増やした結果、パソコンの動作が重くなってしまうなど、全体でメリットよりもデメリットの方が強くなってしまうということがありました。
基盤であるがゆえ、パソコン動作が遅いと全ての作業が滞るためかなり不便をかけてしまいました。決まった予算でプロジェクトを進める中で、サーバーを気軽に増やして解決とはいかず、改善もタイムラグがあってなかなかうまくいかないなど、もどかしさがありました。全体の見通しの重要性を知った経験でした。

自分たちが支える基盤がないと業務に支障が出るため、社員にとってシステムはあって当たり前の世界です。
そのため正常に動かないと苦情は来るのですが、快適でも褒められることはほぼありません。だから、たまに感謝されるととてもうれしく思います。

将来の夢や目標

経験も知識も年々ついて来ましたが、まだまだ不十分と感じる部分が多いです。
今は自発的に教養を深めるため、仕事に関する資格の取得等を進めています。
会社にとって必要なシステムをすぐに導入できるよう、常に学んでいきたいと思っています。

システム開発職から見たブルボンってこんな会社です!

私の部署は本社勤務なので、他にも様々な部署の人が同じ建物で働いています。
本社には新入社員から役員までが在席しているため、様々な意見や要望、作業環境があります。
ただ、ブルボンは自主性を尊重してくれるため「こうしたい」といった意見を聞いてもらえる環境だと思います。
システム開発職の仕事は、狭く深い知識を要求される部分があるため、お互いの担当領域を超えて年齢関係なく教えあったりアドバイスすることがよくあります。

私が考えるブルボンの魅力は人々の生活に根ざした商品を扱っているということです。
生活スタイルの多様化、海外の食品も気軽に手が届くようになった現代で生き残れる会社になるには、多様なニーズをつかみ続けることが大切だと思っています。
SEは直接食品製造には関わりませんが、トップシェアを誇る部門もあるので、システムの面でそれをサポートしていきたいと考えています。

注目
ブルボンに入社をしたいと考えているみなさんへブルボンに入社をしたいと考えているみなさんへ

まずは受ける会社の軸を決めるとスムーズです。
製造業なのか、サービス業なのか、食品メーカーなのか、機械メーカーなのか。ただ、SEとして就職活動を始めるのなら、比較対象はあまり同業種で絞らなくてもいいと思います。
一括りにSEといっても、たとえば食品メーカーと文具メーカーで必要になるシステムや必要な知識も変わってくるかもしれないです。
「システム × 〇〇」に当てはまる最適解はその人によって違うと思います。
どうするにしてもいろんな会社を見て、どこが合っているか絶対に比べてみてほしいです。
個人的な見解ですが、会社や社員の雰囲気は給料などの待遇面よりも大事だと私は思います。
給料だけでなく、地方や業界、職種ごとに大きく特色が変わってきます。何が向いているのか自己分析や情報収集をしっかりとできるといいと思います。